「海」を知ろうパネル展

03-IMG_9373.JPG

県立図書館に行った エントランスホールでパネル展が開かれている
「海」を知ろうパネル展だ
第九管区海上保安本部の主催だ
日本のまわりの海底地図
開港後の海図の発展
海の深さの測り方
これらのパネルが並んでいる
どれもいつもはお目にかかれない物ばかりだ
江戸幕府は、1858年に横浜・長崎・新潟・神戸・函館の5港を開港した
その後外国の戦艦が港周辺の海底の測量を相次いで開始した
これに対して危機感を抱いた明治政府が海図を作る専門部署を設置した
こうして徐々に日本周辺の海図が作られていった
この他に海溝型地震発生の仕組みについての説明がある
なかなか面白いパネル展だった。


01-IMG_9371.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント